XMの口座開設方法とは?XMTradingへの登録手順やリアル口座の種類を解説

XMTrading(エックスエム)は海外FXの中でも人気の高い業者です。

海外FX初心者の方でも利用しやすいと評判であることから、XMTradingの口座開設を検討している方も多いでしょう。

本記事ではXMTradingの口座開設をしたい方に向けて、登録手順やリアル口座の種類を解説します。

またXMTradingのメリットやデメリット、口座開設ができない原因などもあわせて解説するので、XMTradingの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

XM(XMTrading)で口座開設するメリット

XMTradingで口座開設をするメリットは次の6つです。

  • ハイレバレッジで取引できる
  • 少額から始められる
  • 取引ごとにキャッシュバックがある
  • ボーナスやキャンペーンが多い
  • 仮想通貨の取引ができる
  • 入金や出金にかかる時間が短い

それぞれ順番に解説します。

ハイレバレッジで取引できる

XMTradingは最大1,000倍のハイレバレッジでの取引が可能です。

レバレッジとは口座に預けている証拠金を担保に、借り入れをして取引ができる制度のことです。

たとえば1万円の証拠金を口座に預けている場合、最大1,000万円の取引ができます。

国内FXは金融庁によってレバレッジが最大25倍までに規制されていますが、海外FXは制限を受けないため、レバレッジ1,000倍の取引が可能になります。

XMTradingのレバレッジ1,000倍は、海外FXの中でも非常に高い水準です。

レバレッジが大きくなるほどハイリターンが期待できるため、XMTradingで大きな利益を得ることもできるでしょう。

少額から始められる

XMTradingは最低500円の少額からでも始められます。決済方法ごとの最低入金額は次のとおりです。

入金方法最低入金額
国内銀行送金10,000円
VISAクレジットカード、デビットカード500円
JCBクレジットカード、デビットカード10,000円
bitwallet500円
STICPAY500円
BXONE500円

少額でFX取引を始めたい場合は、500円から入金できる決済方法を選びましょう

クレジットカード、bitwallet、STICPAY、BXONEが500円からの入金に対応しています。どの入金方法でも手数料は発生しません。

取引ごとにキャッシュバックがある

XMTradingでキャッシュバック口座を開設すると、取引ごとに一定のキャッシュバックが還元されます。

キャッシュバックは0.01ロットの小ロット取引からでも発生します

また取引の翌日に即キャッシュバックが還元されるスピード感も、キャッシュバック口座の魅力です。

キャッシュバックは口座問わず受け取れるため、取引コストを削減したい方はキャッシュバック口座の開設を検討しましょう。

ボーナスやキャンペーンが多い

XMTradingではボーナスやキャンペーンを豊富に実施しています。常設キャンペーンは次のとおりです。

  • 新規口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • ロイヤルティプログラム
  • 友人紹介プログラム

新規口座開設ボーナスは、その名のとおり口座開設をした際にもらえるボーナスです。

入金は必要なく、口座開設と本人確認のみで1万3千円分のトレード資金がもらえます。

入金ボーナスは、最大$10,500が還元される高額ボーナスです。入金額に応じてボーナスが加算されるため、入金すればするほどトレード資金が潤沢になります。

ロイヤルティプログラムでは、取引するたびに自動でXMポイントが還元されます。XMポイントは、トレード資金や現金に換金可能です。

友人紹介プログラムでは、紹介した友人一人につき$35が進呈されます。進呈されたボーナスは、条件なしでそのまま出金できます。

XMTradingを利用する際は、お得なボーナスやキャンペーンを活用しましょう

仮想通貨の取引ができる

XMTradingはFXのみならず、仮想通貨CFDの取引が可能です。仮想通貨CFDでは、法定通貨と同じように仮想通貨のFX取引ができます。

仮想通貨の中でも有名なビットコインやイーサリアム、ライトコインをはじめ、さまざまな銘柄を取り扱っています

また仮想通貨CFDにおいても、最大500倍のハイレバレッジでの取引が可能です。

他の海外FXでは仮想通貨CFDのレバレッジが100倍に設定されていることが多いことからも、XMTradingのレバレッジの高さがわかります。

入金や出金にかかる時間が短い

XMTradingはスピーディーな入出金にこだわっています。決済方法ごとの入金時間、出金時間は次のとおりです。

入金時間出金時間
国内銀行送金(日本)約30分~1時間約2~5営業日
クレジットカード、デビットカード即時約1週間~1か月
bitwallet即時即時
STICPAY即時即時
BXONE即時即時

入金と出金にやや時間が掛かるのは国内銀行送金のみで、他の決済手段は基本的に即時反映となります。

クレジットカードやデビットカードで出金する場合、入金した分を返金する形となるため、締め日によって出金に掛かる時間が大きく異なります。

すばやい入出金を求めている方は、bitwalletやSTICPAY、BXONEなどのオンライン決済サービスを利用するとよいでしょう

XM(XMTrading)で口座開設するデメリット

海外FXの中でもメリットが多いXMTradingですが、次のようなデメリットもあります。

  • スプレッドが広い
  • 完全信託保全を採用していない
  • 取引しないと休眠口座になる

各デメリットについて詳しく解説します。

スプレッドが広い

XMTradingはすべての口座で変動方式のスプレッドを採用しています。

スプレッドとは買値と売値の間に生じる価格差のことで、いわゆる手数料のようなものです。

価格差が広がるほど手数料も大きくなるため、スプレッドは狭いに越したことはありません。

XMTradingは変動方式のスプレッドであるため、時間帯や市場の状態によってスプレッドが大きく広がることがあります。

スプレッドが固定の海外FX業者であれば好みのタイミングで取引できますが、変動方式の場合は取引のタイミングを見極めなければなりません。

スプレッドを考慮してFX取引のタイミングをしっかり見計らうことができれば、損失を最小限に抑えられます。

完全信託保全を採用していない

完全信託保全とは、トレーダーから預かっている資金をすべて信託銀行へ預けて管理することです。

もしもFX業者が倒産してしまっても、信託銀行で資金が管理されているため、トレーダーに全額が返金されます。

XMTradingは完全信託保全を採用していません。国内FXは法律によって完全信託保全が義務付けられていますが、海外FXに国内の法律は適用されないためです。

しかし、XMTradingはヨーロッパの優良な金融機関で資金を管理しており、安全性がしっかりと保証されています。

万が一XMTradingが倒産したとしても、トレーダーの資金は差し押さえの対象となりません。

完全信託保全ではないものの、XMTradingの資金管理は信頼性が高いと考えて問題ないでしょう。

取引しないと休眠口座になる

XMTradingで取引をしない期間が一定以上続くと、自動的に休眠口座に切り替わります。

休眠口座に切り替わるタイミングは、入金や出金、取引などの活動が90日間なかったときです。ログインをしたのみでは休眠口座への切り替わりを防げません。

休眠口座になった場合、残高から口座維持手数料として毎月$5が差し引かれます

口座残高がなくなってから90日間何もしない状態が続くと、口座が凍結されてマイページへのログインが不可能になります。

休眠口座であれば入金や出金、取引などで口座を復活できますが、凍結されると二度と同じ口座を利用できません。

XMTradingで口座開設をする際は、休眠や凍結に注意しておきましょう。

XM(XMTrading)で口座開設できる方の条件

XMTradingの口座開設をするためには、次の条件をすべて満たしている必要があります。

お申し込み時点で満18歳以上である

XMのサービス対象エリアに住んでいる

必要な書類(本人確認書類)が提出できる

口座開設の条件を詳しく解説します。

お申し込み時点で満18歳以上である

XMTradingは満18歳以上の方でなければ口座開設ができません。XMTradingに限らず、多くのFX業者は年齢制限を18歳以上としています。

口座開設を申し込んだ時点で18歳以上でなければ、保護者からの承諾を得ていても本人名義での口座開設は不可のため、注意しておきましょう。

また、XMTradingは口座開設に際して本人確認が必要となるため、年齢を偽ることも不可能です。

なお18歳以上の方であれば、高校生や大学生でも口座開設ができます。保護者の同意書や収入証明書なども必要ありません。

XMのサービス対象エリアに住んでいる

XMTradingは世界中のさまざまな国で利用できるFX口座ですが、一部サービス対象外のエリアがあります

もしもサービス対象外のエリアにお住まいの場合、XMTradingの口座開設が拒否されます。

XMTradingのサービス制限エリアについては、公式サイトで確認してみてください。

なお日本にお住いの場合は、XMTradingの口座開設が可能です。

必要な書類(本人確認書類)が提出できる

XMTradingでFX取引を開始するためには、口座開設後に本人確認書類を提出して口座を有効化する必要があります

本人確認書類は身分証明書類と住所確認書類の2種類を提出しなければなりません。

必要書類の詳細は次のとおりです。

身分証明書類・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
住所確認書類・住民票
・健康保険証
・光熱費、固定電話、携帯電話などの請求書
・クレジットカードの明細書
・公的機関が発行した税金の請求書や領収書
・印鑑登録証明書
・在留カード

身分証明書類は有効期限内、住所確認書類は3か月以内に発行されたものでなければ認められません。

上記の書類を提出できなければFXの取引を始められないため、注意しておきましょう。

XM(XMTrading)で開設できる口座のタイプ

XMTradingでは4種類の口座タイプが用意されています。それぞれの口座タイプを比較した表がこちらです。

スタンダード口座マイクロ口座KIWAMI極口座ゼロ口座
注文方法NDD STPNDD STPNDD STPNDD ECN
最大レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍500倍
1ロットの通貨量10万通貨1,000通貨10万通貨10万通貨
平均スプレッド(USD/JPY)1.5pips1.5pips0.7pips0.2pips
取引手数料なしなしなし1ロットにつき5通貨
銘柄FX、CFDFX、CFDFX、CFDFX、CFD
口座開設ボーナスありありありあり
入金ボーナスありありなしなし
ロイヤルティプログラムありありなしなし

最大レバレッジや1ロットの通貨量、スプレッド、ボーナス適用の有無などに違いがあります。

それぞれの口座タイプについて詳しく解説するので、どの口座を選ぼうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

スタンダード口座

スタンダード口座は、XMTradingの中でもとくに人気の高い口座タイプです。

【スタンダード口座の特徴】
  • 最大レバレッジが1,000倍
  • ボーナスキャンペーンをすべて適用できる
  • XMTradingにある銘柄すべてを取引可能
  • 最大50ロットの発注に対応

スタンダード口座は最大レバレッジが1,000倍と大きく、さらに豪華なボーナスキャンペーンをすべて適用できる点が特徴です。

FXのみならず、仮想通貨CFDや貴金属CFDなど、XMTradingで取り扱っている127種類以上の銘柄すべてを取引できます。

1ロットの通貨量は10万となっており、最小0.01ロットから最大50ロットの発注に対応しています。

そのため、小ロットで気軽に取引をしたい方にも、大口取引で利益を狙いたい上級者の方にもおすすめです。

マイクロ口座

マイクロ口座は、小ロットで取引したい方に向いている口座タイプです。

【マイクロ口座の特徴】
  • 1ロットの通貨量が1,000通貨
  • 最小10通貨での取引が可能
  • ボーナスキャンペーンをすべて適用できる
  • 自動取引の検証に向いている

マイクロ口座のもっとも大きな特徴は、1ロットの通貨量が1,000通貨と少ない点です。最小0.01ロットから取引できるため、10通貨の少額で取引をはじめられます。

スタンダード口座と同様、マイクロ口座はボーナスキャンペーンをすべて適用できるため、ボーナスによる資金調達も可能です。

少額取引が可能なマイクロ口座は、FX初心者のみならず自動売買の検証がしたい上級者の方にもおすすめができます。

リスクを最小限に抑えてFX取引をしたい方は、マイクロ口座を検討しましょう。

KIWAMI極口座

KIWAMI極口座は、取引コストを最小限に抑えている口座タイプです。

【KIWAMI極口座の特徴】
  • 最小0.6pips~の狭いスプレッドを実現
  • スワップフリーで取引できる
  • 全口座タイプの中で取引コストが最も低い
  • 長期的な取引にも向いている

KIWAMI極口座のスプレッドは最小0.6pipsと非常に狭く、取引しやすい点が特徴です。

低スプレッドの口座は取引手数料が発生するケースが多いのですが、KIWAMI極口座は手数料が掛かりません。

さらにKIWAMI極口座はスワップフリーで取引が可能なため、金利差による損失を気にせず取引できます。

上記の理由から、KIWAMI極口座は全口座タイプの中で取引コストが最も低いです。

日付けが変わってマイナススワップの銘柄を保有していても損失が発生しないため、長期的な取引にも向いています。

ゼロ口座

ゼロ口座は、上級トレーダーやスキャルピングに向いている口座タイプです。

【ゼロ口座の特徴】
  • スプレッドが最小0pips~と最も低い
  • 1ロットにつき5通貨の取引手数料が発生
  • 全口座タイプの中で取引コストが2番目に低い
  • スキャルピングや短期取引向き

ゼロ口座はスプレッドが最小0pipsと、全口座タイプの中で最も狭いです。

代わりにゼロ口座には1ロットあたり5通貨の取引手数料が発生します。そのため、取引の際はスプレッドと手数料の両方を考慮しなければなりません。

取引手数料を考慮に入れると、ゼロ口座の取引コストは、KIWAMI極口座に次いで全口座タイプの中で2番目の低さとなります。

スプレッドが狭小であることから、スキャルピングや短期取引におすすめの口座です。

また一部のマイナー通貨に限り、取引手数料を入れても取引コストが最小になる可能性があります。

FXの経験が豊富な方は、ゼロ口座も検討してみてください。

XM(XMTrading)のリアル口座をWeb上で開設する手順

XMTradingのリアル口座を公式サイトから開設する具体的な手順は次のとおりです。

  1. 個人情報を入力する
  2. 取引口座の詳細を入力する
  3. 氏名のカナや生年月日を入力する
  4. 住所を入力する
  5. 取引口座の続きを入力する
  6. 投資家情報を入力する
  7. 口座パスワードを入力する
  8. 規約を確認して「リアル口座開設」を押す
  9. Eメール認証をおこなう
  10. ログインできることを確認する

各手順について解説します。

1:個人情報を入力する

まずはXMTradingの公式サイトにアクセスして「リアル口座開設」ボタンをタップしましょう。

口座開設の画面が表示されるため、個人情報を入力します。個人情報の入力項目は次のとおりです。

  • 氏名
  • 居住国
  • 希望言語
  • 電話番号
  • メールアドレス

氏名はローマ字で入力しましょう。

日本にお住まいの場合、居住国は「Japan」で希望言語は「日本語」を選択します。

電話番号は最初の「0」を省略する形で、ハイフンなしで入力しましょう

メールアドレスについて、XMTradingから重要なお知らせが届く可能性があるため、よく利用するメールアドレスをおすすめします。

2:取引口座の詳細を入力する

次に取引口座の詳細を選択します。選択する項目は次の3つです。

  • 組織名
  • 取引プラットフォームタイプ
  • 口座タイプ

組織名は「Tradexfin Limited(セーシェル金融庁)」か「Fintrade Limited(モーリシャス金融サービス委員会)」のどちらかを選びます。

セーシェル金融庁とモーリシャス金融サービス委員会は、いずれもXMTradingが保有している金融ライセンスです。

どちらを選んでもサービス内容に変わりはありません。

取引プラットフォームは「MT4」か「MT5」の二択です。自動売買システムを利用したい方はMT4、裁量取引のスピード感を重視したい方はMT5がおすすめです。

口座タイプは「スタンダード」「マイクロ」「KIWAMI極」「ゼロ」の4種類から選びます。

すべての選択が完了したら「ステップ2へ進む」ボタンをタップしましょう。

3:氏名のカナや生年月日を入力する

次に個人情報の続きを入力します。入力項目は次のとおりです。

  • 氏名のカナ表記
  • 生年月日

氏名は全角カナで入力しましょう。生年月日はカレンダーアイコンをクリックし、該当の日付を検索してみてください。

4:住所を入力する

次に現住所をローマ字で入力します。

XMTradingの利用には住所確認書類の提出が必要なため、誤りのないよう注意しておきましょう。

「納税義務のある米国市民ですか?」の問いについて、日本にお住いの場合は「いいえ」を選択します。

5:取引口座の続きを入力する

取引口座の詳細情報で選択する項目は次の3つです。

  • 口座の基本通貨
  • レバレッジ
  • 口座ボーナス

口座の基本通貨は「JPY」「USD」「EUR」の3つから選択できます。口座開設後の通貨変更はできないため、慎重に選びましょう。

レバレッジは、1:1~1:1,000の間で選択します。ゼロ口座を開設する場合、最大レバレッジは1:500になります。

口座ボーナスでは、口座開設ボーナスと入金ボーナスの受け取り可否を選択しましょう。

ボーナスを受け取ることにデメリットがないため、基本的には「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選択して問題ありません。

ボーナスを受け取らない方を選択した場合、口座開設ボーナスと入金ボーナスは二度と復活しないため、注意しておきましょう。

6:投資家情報を入力する

次に投資家情報を入力します。入力が必要な項目は次のとおりです。

  • 投資額
  • 取引の目的および性質
  • 雇用形態
  • 職種(資金源)
  • 学歴
  • 年間所得総額
  • 純資産

雇用形態で「被雇用者」や「自営業」を選んだ場合は職種の項目、「学生」や「退職者」「無職」を選択すると資金源の項目が表示されます。

いずれも選択形式なため、1つずつ該当する項目を選択していきましょう。

なお投資額や年間所得総額、純資産は米ドルに換算して選択する必要があります

収入証明書を求められることはないため、大体の収入を算出して選択しましょう。

7:口座パスワードを入力する

次の口座パスワードを設定します。大文字、小文字、数字をすべて含む10文字〜15文字で設定をおこないます。

XMTradingのマイページやMT4、MT5にログインする際に利用するため、忘れないようにメモをしておきましょう。

8:規約を確認して「リアル口座開設」を押す

パスワードの設定が完了したら、利用規約を確認しましょう。各種利用規約をすべて確認できたらチェックボックスにチェックを入れます。

「リアル口座開設」ボタンをタップしたら、登録フォームでの口座開設は完了です。

9:Eメール認証をおこなう

フォームへの入力がすべて完了した段階で、登録したメールアドレスにXMTradingからのメールが届きます。

XMTradingから届いたメールを開き「Eメールアドレスを確認する」ボタンをタップしましょう。

上記の手続きでメールアドレス認証は完了となります。

10:ログインできることを確認する

メールアドレス認証の完了後、XMTradingからログイン情報が送付されてきます。

XMTradingの会員ログインページにアクセスし、送付されてきた情報でログインできるかどうかを確認しましょう。

無事にログインができたらXMTradingの新規口座開設は完了です。

XM(XMTrading)のリアル口座をスマートフォンアプリで開設する手順

XMTradingのリアル口座は、スマートフォンアプリからも開設できます。開設手順は次のとおりです。

  1. XMアプリをインストールする
  2. アプリを起動して「口座を登録する」を押す
  3. 画面の指示に従って必要な情報を入力する
  4. 開設を完了してログインする

スマートフォンアプリからの開設手順を詳しく解説します。

1:XMアプリをインストールする

Google PlayやApp Storeなど、各アプリストアを開き「XMTradingアプリ」をインストールしましょう。

アプリのインストールは無料です。

2:アプリを起動して「口座を登録する」を押す

アプリのインストールが完了したら、アプリを起動して「口座を登録する」ボタンをタップしましょう。

次に「リアル口座」をタップして居住国の選択に進みます。

日本にお住まいの場合は「Japan」を選択して「次へ」ボタンをタップしましょう。

3:画面の指示に従って必要な情報を入力する

続いて画面の指示に従い、個人情報や取引口座の詳細、投資家情報などを入力しましょう。

なお、スマートフォンアプリから口座開設する場合でも、入力内容はWebと同じです。

そのため詳しい入力内容は前章の「XM(XMTrading)のリアル口座をWeb上で開設する手順」を参照してみてください。

4:開設を完了してログインする

すべての手続きが完了したら、Webでの口座開設と同様にXMTradingからログイン情報が送付されます。

スマートフォンアプリを起動して「ログイン」ボタンをタップし、IDとパスワードを入力しましょう。

ログインできたらスマートフォンアプリからの口座開設は完了です。

XM(XMTrading)の口座開設後に有効化する方法

XMTradingの口座開設が完了したあとは、有効化しなければ取引を開始できません。

口座の有効化とは、XMTradingに本人確認書類を提出して口座開設時に登録した情報と合っているのかを確認し、承認されることです。

口座を有効化する方法は次の2通りです。

  • Webで口座を有効化する方法
  • スマートフォンアプリで口座を有効化する方法

それぞれの手順を解説します。

Webで口座を有効化する方法

Webから口座を有効化する方法は次のとおりです。

  1. ブラウザからXMTradingの公式サイトにログインする
  2. マイページの「こちらより口座を認証する」ボタンをタップ
  3. マイナンバーカードを提出するかどうかを選択する
  4. 「参照」ボタンから身分証明書類と住所確認書類の画像データを選択する
  5. 「書類をアップロードする」ボタンをタップ
  6. 登録したメールアドレスに「証明書類アップロード完了通知」が届く
  7. 30分~1営業日程度で口座認証完了のメールが届く
  8. マイページに「認証済み」と表示されていれば有効化が完了

有効化の完了後は、入出金やボーナスの受け取り、取引などを開始できます。

スムーズに手続きを進めたい場合は、あらかじめ本人確認書類を撮影して画像データを用意することをおすすめします。

撮影の際は、書類の四隅がすべて写っていること、顔写真と文字の判別ができることなどに注意しておきましょう。

スマートフォンアプリで口座を有効化する方法

スマートフォンアプリから口座を有効化する方法は次のとおりです。

  1. XMTradingのアプリを起動する
  2. アプリ画面右下にある「詳細」をタップ
  3. 「口座を認証してください」をタップ
  4. 「必要な情報」をタップし、マイナンバーカードの提出有無を選択する
  5. 「書類のアップロード」ボタンから身分証明書類と住所確認書類の画像データをアップロードする
  6. 登録したメールアドレスに「証明書類アップロード完了通知」が届く
  7. 30分~1営業日程度で口座認証完了のメールが届く
  8. 「詳細」の「認証の内容」に「認証済み」と表示されていれば有効化が完了

スマートフォンアプリの場合、画面下部のメニューにある「詳細」がマイページに該当します。有効化の手続きは「詳細」から進めましょう。

書類をアップロードしてから認証されるまでの時間は、公式サイトから有効化する場合と変わりません

XM(XMTrading)で口座開設できない原因

XMTradingで口座開設ができない場合、次の3つの原因が考えられます。

  • 提出した書類に不備がある
  • メールアドレスに不備がある
  • 8個の口座を所有している

それぞれの原因について解説します。

提出した書類に不備がある

本人確認書類に不備がある場合、口座の有効化ができず入出金や取引をはじめられません。

不備として考えられる原因は次のとおりです。

登録した情報と書類の情報に相違がある

身分証明書類が有効期限でない

住所確認書類が3か月以内に発行されていない

アップロード可能なファイル形式(GIF、JPG、PNG、PDF)以外で提出している

アップロード可能な最大サイズ(5MB)以上で提出している

モノクロの身分証明書類を提出している

書類の四隅が写っていない

画像にぼやけやぶれがあり、顔写真や文字の判別ができない

口座開設ができなかったときは、上記の原因を参照しながら本人確認書類に不備がないかどうかを確認してみてください

メールアドレスに不備がある

XMTradingで口座開設をするためには、メールアドレス認証をおこなう必要があります

もしも入力したメールアドレスに誤りがあった場合、認証ができず口座の開設が完了しません。

またXMTradingは一人で複数のメールアドレスを利用して口座開設することを禁止しています。

そのため、過去に別のメールアドレスで口座開設をしていた場合にも、口座の開設ができなくなります。

メールアドレスの不備で口座開設が失敗した場合は、正しいメールアドレスを用意して最初から口座開設をやり直しましょう。

8個の口座を所有している

XMTradingでは同一アカウントで8口座まで所有できます

9口座目以降の追加はできない仕様のため、すでに8口座を所有している場合は新たな口座の開設が不可能です。

新たに口座を追加したい場合、既存の口座を削除する必要があります。

8口座を所有している方は、不要な口座を削除したあとに口座の追加を申し込みましょう。

XM(XMTrading)の口座を有効化したあとにすべきこと

XMTradingの口座を有効化したあとは、実際に取引を開始するための準備をはじめましょう。

口座の有効化が完了したあとに必要なことは次の3つです。

  • 取引プラットフォームをダウンロードする
  • 最新のボーナス情報を確認する
  • 取引口座に入金する

それぞれ詳しく解説します。

取引プラットフォームをダウンロードする

XMTradingが対応している取引プラットフォームは、MT4とMT5の2種類です。

MT4とMT5は、FX取引や入出金、チャート分析、口座管理などがすべて可能な多機能ツールです。

非常に優秀なプラットフォームであることから、XMTradingに限らず多くの海外FXはMT4とMT5による取引環境を提供しています。

MT4とMT5の主な違いは次のとおりです。

MT4(MetaTrader4)・自動売買システムが豊富
・カスタムされたインジケーターを追加できる
・多くの海外FXが対応している
MT5(MetaTrader5)・MT4の後継ツールとして登場
・動作が速く機能が多い
・一部の海外FXが対応している

自動売買システムやカスタムインジケーターを活かしたい方はMT4、スピード感のある裁量取引を求めている方はMT5がおすすめです。

いずれもパソコン、スマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスに対応しているため、希望のデバイスで取引プラットフォームをダウンロードしましょう

最新のボーナス情報を確認する

XMTradingは口座開設ボーナスや入金ボーナスなど、お得なボーナスキャンペーンを常に実施しています。

期間限定のボーナスキャンペーンを実施していることもあるため、口座開設後は利用できるボーナスの有無を確認してみましょう。

ボーナスが付与される条件は、取引量や抽選などキャンペーンによって異なります。

現金やトレード資金のほか、豪華賞品がもらえるキャンペーンが実施されているケースもあります。

XMTradingでボーナスをもらうデメリットはとくにないため、キャンペーンを実施しているときは積極的に参加してみてください。

取引口座に入金する

XMTradingで本格的なFX取引をはじめるためには、取引口座への入金が必要になります。

入金手順は次のとおりです。

  1. XMTradingのマイページにログインする
  2. 「資金を入金する」ボタンをタップ
  3. 入金方法を選択する
  4. 入金に必要な情報や入金額を入力する
  5. 入金を実行する
  6. XMTradingの残高に入金額が反映される

スマートフォンアプリからも、ほぼ同様の手順で入金が可能です。

口座への入金を済ませ、FX取引を開始しましょう。

XM(XMTrading)の口座開設に関するよくある質問

XMTradingの口座開設に関して、よくある質問は次のとおりです。

  • 家族名義でXMの口座開設できる?
  • XMの口座開設は無料でできる?
  • XMの口座開設にかかる時間は?
  • XMの口座開設すると自宅に郵便物が届く?
  • XMで個人事業主用や法人用の口座を開設できる?
  • XMの口座開設にマイナンバーカードは必要?
  • XMのリアル口座開設でレバレッジはどうすべき?
  • XMの口座開設ボーナスはいつ付与される?
  • XMで複数の口座を開設できる?
  • XMはデモ口座で練習できる?

それぞれの質問に回答します。

家族名義でXMの口座開設できる?

XMTradingは本人名義での口座開設しか認められていません。家族であったとしても、他人名義での口座開設は利用規約違反となります。

もしも他人名義で口座開設をしたことがXMTradingに発覚した場合、口座を凍結される恐れがあります。

口座開設をする際は、必ず本人名義にしましょう。

XMの口座開設は無料でできる?

XMTradingの口座開設は無料です。

選択した口座タイプや取引プラットフォームを問わず、すべて手数料無料で口座を開設できます。

そのため口座開設ボーナスは、完全無料で利用できるボーナスとして人気があります。

なお、追加口座を開設する際も手数料は発生しません。

自身の意思で口座に入金するまでお金は一切発生しないため、安心して口座を開設できます。

XMの口座開設にかかる時間は?

XMTradingで登録フォームに入力し、口座開設するまでの時間は約5分~10分です。

登録フォームでは個人情報を入力して必要な情報を選択するのみなため、長い時間はかかりません。

口座開設の完了後、本人確認書類をアップロードして有効化が完了するまでにかかる時間は約30分〜1営業日です。

XMTradingは土日祝日が休業日です。休業日に本人確認書類を提出した場合、口座が有効化されるのは最短で翌営業日となります。

FX取引を少しでも早くはじめたい方は、口座開設をしてからすぐに本人確認書類を提出しましょう。

XMの口座開設すると自宅に郵便物が届く?

XMTradingで口座開設する際に現住所を入力する必要がありますが、自宅に郵送物が届くことはありません

現住所はあくまでも本人確認の際に利用されるものであるためです。

XMTradingからお知らせがある場合は、すべて登録したメールアドレス宛に届きます。

XMで個人事業主用や法人用の口座を開設できる?

日本で提供されているXMTradingは、法人口座の開設に対応していません。個人事業主の屋号での口座開設も不可能です。

FXを法人口座で運用する主なメリットは節税です。FXの利益が大きい場合は、法人口座で運用した方が税金が安くなります。

しかし利益が少ない場合や、少額取引に抑えている場合、個人名義の口座でも税率はほぼ変わりません。

FXを本業にしており大きな収益を得ている方以外は、個人口座で十分でしょう。

XMの口座開設にマイナンバーカードは必要?

XMTradingの口座開設にマイナンバーカードの提出は必須ではありません

口座を有効化する際にマイナンバーカードの提出有無を求められますが、提出をしなくても取引内容に影響はないためです。

日本においてマイナンバーカードは重要な個人情報として扱われています。

そのため、マイナンバーカードをWebサイトにアップロードすることに抵抗がある場合は、提出せずに別の身分証明書で本人確認をおこないましょう。

XMのリアル口座開設でレバレッジはどうすべき?

口座開設の際に選択するレバレッジは、最大の1,000倍がおすすめです。

レバレッジが高くなるほど証拠金が少なくて済むうえ、ロスカット水準も高くなるためです。

ハイレバレッジはリスクが大きいというイメージもありますが、取引数量やロット数を調整すれば、リスクを最小限に抑えられます。

低いレバレッジを選択する意味はほぼないため、口座開設の際は1,000倍を選びましょう。

なお、口座タイプがゼロ口座の場合のみ、レバレッジが最大500倍となります。ゼロ口座では500倍を選択しましょう。

XMの口座開設ボーナスはいつ付与される?

XMTradingの口座開設ボーナスは、本人確認書類を提出して口座の有効化が完了したあとに付与されます

口座開設ボーナスの受け取り手順は次のとおりです。

  1. XMTradingのマイページにログイン
  2. 「今すぐボーナスを請求」ボタンをタップ
  3. 登録している電話番号を入力
  4. メールアドレスに認証コードが送付される
  5. 認証コードをコピーして貼り付ける
  6. 口座開設ボーナスが付与される

口座開設ボーナスは、口座開設完了後30日以内に請求しなければ消失してしまいます。口座開設後はボーナスの請求を忘れないように注意しておきましょう。

なお、受け取った口座開設ボーナスに有効期限はありませんが、休眠口座になった場合は所有しているボーナスがすべて消失します。

XMで複数の口座を開設できる?

XMTradingでは1アカウントにつき合計8個まで口座を開設できます。

口座を追加する手順は次のとおりです。

  1. XMTradingのマイページにログイン
  2. 「追加口座を開設する」をタップ
  3. 口座開設に必要な情報を入力する
  4. 「リアル口座開設」ボタンをタップ
  5. 追加口座の開設完了

口座を追加した際は自動で有効化がおこなわれるため、すぐにでも取引をはじめられます。

別の口座タイプを持ちたい場合や、使い分けをして資金管理がしたい場合は、複数口座を活用しましょう。

XMはデモ口座で練習できる?

XMTradingはデモ口座の開設に対応しています

デモ口座では実際の取引銘柄やチャートなどが反映されており、リアル口座とほぼ変わらない環境で取引の練習が可能です。

デモ口座は入金も必要ないため、海外FXが初めての方やMT4、MT5を利用してみたい方はぜひ活用しましょう。

XMTradingでデモ口座を開設する手順は次のとおりです。

  1. 公式サイトにアクセスし「デモ口座開設」ボタンをタップ
  2. 個人情報、取引口座詳細、パスワードなどを入力
  3. XMTradingからのメールに記載されている認証用URLをタップ
  4. デモ口座のログイン情報がメールで届く
  5. 取引プラットフォームをダウンロードしてログイン
  6. デモ取引を開始する

注意点として、デモ口座はマイクロ口座を選択できません。スタンダード口座、KIWAMI極口座、ゼロ口座の3タイプから選ぶ必要があります。

またデモ口座にログインしない期間が90日間続くと、デモ口座は停止され復活もできなくなります。

継続してデモ口座を利用したい場合、定期的にログインしましょう。

まとめ

XMTradingの口座開設をする手順や、各口座タイプの特徴などを解説しました。

XMTradingは最大1,000倍のハイレバレッジに対応しており、MT4やMT5による快適な取引環境を提供している点が魅力です。

また、口座開設をして本人確認が完了すると、もれなく口座開設ボーナスとして1万3千円のトレード資金を獲得できます。

海外FXをお試しで体験したい方にとっても、ぴったりなボーナス内容です。

口座開設の手続きは約10分で完了するほど簡単なため、海外FXをはじめたい方はぜひXMTradingを利用してみてください

<参考>
XMTrading

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次