オンラインカジノの勝利金は税金がかかる?確定申告のための計算方法や手順を徹底解説

オンラインカジノを利用している方のなかには「勝利金には税金がかかるの」「確定申告は必要なの」と考える方もいるでしょう。

オンラインカジノの勝利金を得たまま何もしないと、あとから税金がかかる可能性があるかも知れないと不安な気持ちになります。

オンラインカジノの勝利金には税金がかかるケースとかからないケースがあり、金額に応じて確定申告が必要です

本記事では、オンラインカジノでかかる税金の計算方法や確定申告が不要なケース、確定申告する場合の必要書類や手順などを解説します。

オンラインカジノをよく利用する方や、勝利金に確定申告が必要か知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

オンラインカジノの勝利金は「一時所得」として課税対象

オンラインカジノで得た勝利金は「一時所得」として課税対象で、金額により確定申告が必要です。

一時所得についてやオンラインカジノの勝利金の扱いについて解説します

そもそも一時所得とは?

一時所得とは、営利を目的とした事業や行為などから得られた所得ではなく、一時的に得られた所得を指します。

一時所得は、給与所得や事業所得など、ほかの所得と合算されて、税金の額を決める総合課税の対象になると所得税法で定められています。

一時所得の一例は次のとおりです。

  • 競馬や競艇などの払戻金
  • 懸賞や福引などの賞金
  • 法人から贈与された金品
  • 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
  • 埋蔵物発見者や遺失物拾得者がもらう報労金

オンラインカジノでの勝利金は、懸賞や福引などの賞金に分類され、一時所得に含まれています

一時所得とは、その名のとおり一時的に得た所得を指し、所得税法で課税対象になると定められています。

70万円以下の一時所得は確定申告不要?

会社員で給与所得を得ている方は、年間70万円以下の一時所得であれば、確定申告は不要です。

一時所得には50万円までの特別控除があり、給与所得者は給与所得以外の課税所得が20万円のときは、確定申告の必要がありません。

ただし、所得税は一時所得の全額ではなく、半分にした金額にかかります

給与所得以外の所得が一時所得の場合は、40万円までの場合は確定申告が必要ありません。

つまり、50万円+40万円で90万円になり、一時所得で得たお金が90万円以下の場合は確定申告が不要です。

のちほど「オンラインカジノで確定申告不要なケース」の章で詳しく解説するため、参考にしてください。

オンラインカジノの税金を払わないとバレる?

オンラインカジノの勝利金で発生した税金を支払わないと、税務署にバレて調査や指摘が入る可能性があります。

税務署は国内の銀行をはじめとした、お金の出入りの情報を容易に調べられ、納税の義務があるにもかかわらず納付していない方を把握できるためです。

オンラインカジノで発生した税金を支払わない場合、主に次の税金が追加で発生します。

  • 延滞税
  • 無申告加算税
  • 重加算税

発生している税金以外にも納税しない罰則として、税金がかかります。

オンラインカジノの勝利金で納税の義務が生じた場合は、必ず確定申告をおこない税金を支払う必要があります

稼いだお金は銀行口座に振り込むため

オンラインカジノで稼いだお金は、多くの場合銀行口座に振り込まれます。

金融機関は海外から100万円を超える金額の送金がある場合、税務署に報告する義務があり、税務署にマークされる可能性が高まります

税務署にマークされると、大きな金額が振り込まれているのもかかわらず、納税していない場合は容易にバレるため要注意です。

マークされていないとしても、税務署は銀行口座に送金されているお金の情報を把握できるため、税金逃れは難しいでしょう。

オンラインカジノで得た勝利金は、主に運営からの出金が自身の銀行口座に振り込まれた履歴より、納税しているかをチェックされます。

公営ギャンブルは受け取った記録が残りにくい

競馬やパチンコなどの公営ギャンブルでの利益も、金額により税金を支払う必要があります。

ただし公営ギャンブルは、お金の受け取りの記録が残りにくい特徴があります。

銀行口座への振り込みではなく直接現金で支払われ、オンラインカジノのように口座に記録が残りません。

口座に記録が残らないため「誰がどの程度の金額を得たか」を税務署が把握できず、多くの場合納税を見逃されています。

公営ギャンブルは記録が残りにくく、納税を見逃されているからとはいえ、利益額に応じて税金を納付する必要があります

宝くじは事前に税金が天引きされており、当選した場合、税金は支払わなくても問題ありません。

オンラインカジノでかかる税金の計算方法

オンラインカジノで得た勝利金に、どの程度税金がかかるか不安な方もいるでしょう。

勝利金の税金の計算方法は、若干複雑なため注意が必要です

オンラインカジノで発生する税金の計算方法について解説します。

一時所得の計算方法

解説してきたとおり、オンラインカジノで得た勝利金は一時所得です。

一時所得を計算するためには、次の計算式を利用します。

一時所得=収入金額-支出金額-特別控除額(年間最高50万円)

オンラインカジノの利益を計算する際は、負けたときの支出は含めないため要注意です。

一例を出して計算してみます。

日付支出金額(ベット金額)収入(勝利金)利益
2月14日30万円50万円20万円
3月21日20万円10万円なし
5月2日40万円70万円30万円
6月15日30万円25万円なし
8月5日50万円20万円なし
9月20日50万円100万円50万円
11月10日20万円40万円10万円

先ほども解説したとおり、オンラインカジノでの一時所得は利益が出たときのみで、損失が出たときの支出は含みません。

例にあげた結果であれば、利益が出た次の日付のみで計算します。

  • 2月14日の利益20万円
  • 5月2日の利益30万円
  • 9月20日の利益50万円
  • 11月10日の利益10万円

すべての利益を合計すると、110万円です。

先ほどの一時所得を出す計算式に当てはめると、次のとおりです。

110万円(収入-支出)-50万円(特別控除額)=60万円(一時所得)

一時所得は60万円と計算でわかります。

一時所得を計算する際は、オンラインカジノで得た勝利金から、50万円の特別控除額を引くと覚えておきましょう。

課税対象額の計算方法

課税対象額の計算方法は、次の数式で計算します。

一時所得課税対象額=一時所得×1/2

一時所得すべてが課税の対象になる訳ではなく、1/2をかけた金額が課税対象の金額です。

先ほどの例で計算した一時所得60万円の課税対象額の計算方法は、次のとおりです。

60万円×1/2=30万円

課税対象額は30万円と計算できました。

課税対象額を計算するためには、まず一時所得を計算して、一時所得に1/2をかけると覚えておきましょう。

オンラインカジノで確定申告不要なケース

オンラインカジノでは勝利金の金額の応じて、確定申告が不要なケースがあります。

会社員の方と無職の方で金額が異なるため、注意しましょう

オンラインカジノで確定申告が不要なケースについて解説します。

会社員で年間利益が90万円以下の場合

会社員の方は、年間の利益が90万円以下の場合、確定申告が不要です。

会社員の場合、給与以外の一時所得の課税金額が20万円以下の場合は、確定申告が必要ありません。

一時所得の課税対象額は1/2をかけるため、40万円までは確定申告しなくてもよい計算になります。

40万円に加えて、一時所得には50万円の特別控除があり、40万円+50万円で合計90万円以下の利益であれば、申告しなくても問題ありません。

現在会社員でオンラインカジノを利用している方は、年間90万円までの利益であれば確定申告は不要で、90万円を超えれば必要になります

無職で年間利益が146万円以下の場合

無職の方は会社員の方と異なり、年間の利益が146万円までなら確定申告は不要です。

無職の場合、一時所得の課税金額が48万円以下なら申告する必要がありません。

一時所得の課税対象額は1/2をかけるため、96万円までの利益であれば申告しなくてもよい計算です。

会社員の方と同様に、一時所得の特別控除50万円もあり、96万円+50万円までの利益であれば、確定申告する必要がありません。

無職の方でオンラインカジノを利用している場合は、年間146万円までの勝利金であれば、申告しなくてもよいと覚えておきましょう

確定申告をする時期と必要書類

オンラインカジノでの勝利金で確定申告が必要な方は、申告する時期や必要書類を把握しておきましょう。

確定申告する時期や必要書類について解説します

確定申告をする時期

確定申告は、毎年2月16日から3月15日までの間に申告をおこない、所得税を納めます。

課税対象の期間は、1月1日から12月31日までで、翌年の2月16日から3月15日の期間に申告します

たとえば、2023年にオンラインカジノで得た利益が、確定申告の必要な金額以上の場合、2024年2月16日から3月15日の間に申告が必要です。

2024年の利益は2025年の申告になるため、含めないようにしましょう。

また、確定申告の時期は後半になればなるほど混みあう傾向があり、早めに申告するかe-Taxの利用がおすすめです。

確定申告に必要な書類

確定申告する際に必要な書類は、次のとおりです。

  • 身分証明書:運転免許証、マイナンバーカードなど
  • 印鑑
  • 確定申告書
  • 銀行口座の情報
  • 支払調書
  • 各種控除証明書

確定申告書の書き方や記入例は、国税庁の公式サイトを参考にしてください

オンラインカジノは支払調書を発行しないため、自身で用意する必要があります。

支払調書は、日付やどのオンラインカジノに、いくら支払いをしたのかがわかれば問題ありません。

確定申告する方は、Excelの表を活用して、支払調書を作成するのをおすすめします。

必要書類を把握して確定申告をおこない、所得税を納めましょう。

オンラインカジノの勝利金を確定申告する際の手順

オンラインカジノの勝利金をはじめて確定申告する場合、どのような手順かわからない方もいるでしょう。

オンラインカジノの勝利金を確定申告する際の手順について解説します

1:収入・支出の把握

まずはオンラインカジノでの収入や支出を把握する必要があります。

先ほど解説した支払調書を、オンラインカジノを利用していくたびに更新していけば、収支表にもなり便利です。

日付や収入、支出をExcelのシートで確認して、一時所得を計算します。

「一時所得の計算方法」の章で解説したとおり、損失が出たときの支出は含めないため、注意が必要です

確定申告するときには、利益が出たときの収入や支出の合計を計算しましょう。

2:必要書類の準備

次に確定申告に必要な書類を準備します。

先ほども紹介しましたが、必要書類は次のとおりです。

  • 身分証明書:運転免許証、マイナンバーカードなど
  • 印鑑
  • 確定申告書
  • 銀行口座の情報
  • 支払調書
  • 各種控除証明書

確定申告する前に必要書類を把握しておき、用意できるものはまとめておくと申告がスムーズです

3:確定申告書の作成

必要書類を用意したら確定申告書の作成です。

国税庁の公式サイトから確定申告書をダウンロードするか、税務署で入手しましょう

確定申告書を入手したら必要な情報を記入します。

確定申告書の主な書き方は、次のとおりです。

  1. 「所得」には、一時と記入
  2. 「種目・所得の生じる場所」にオンラインカジノ運営会社を記入
  3. 「収入金額」には特別控除50万円を引いていない収入額を記入
  4. 「必要経費等」には支出や費用を記入

不安な方は税務署で聞きながら作成もできます。

また、インターネット上で確定申告書が作成できるe-taxも便利です。

4:確定申告書の提出

確定申告書を作成したら、ほかの必要書類と一緒に税務署に提出します。

住んでいる地域により、提出する税務署が異なるため、どの税務署に提出するかよく確認しましょう。

確定申告書類の提出方法は、次の3種類です。

  • 税務署に持参して提出
  • 税務署に郵送
  • e-Taxで提出

はじめて確定申告する方は、わからない点を確認しながら進めるため、早めの準備をおすすめします。

2月16日から3月15日の間に確定申告できるように、余裕を持ちながら用意しましょう

5:所得税の納付

最後は確定申告により算出された所得税を納付します。

納税方法は、次の5種類です。

  • 納付書で税務署か金融機関の窓口で納付
  • 銀行口座の引き落としで納付
  • e-Taxを利用して納付
  • 専用サイトからクレジットカードで納付
  • QRコードを利用してコンビニエンスストアで納付

銀行口座からの引き落としにする場合、確定申告の期限までに「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書」を提出する必要があります。

自身にあう納付方法を選び、オンラインカジノで得た勝利金にかかる税金を支払いましょう

オンラインカジノでの税金を抑える方法

オンラインカジノを楽しみたいけれど、税金を支払いたくない方や、確定申告が面倒な方もいるでしょう。

税金を抑える方法は、勝利金や出金額を50万円以下にする方法があります

オンラインカジノでの税金を抑える方法について解説します。

勝利金を50万円以下に抑える

勝利金を50万円以下にすると、オンラインカジノでの税金を抑えられます。

解説してきたとおり、オンラインカジノの勝利金は一時所得で、年間で最大50万円までの特別控除があります。

つまり、オンラインカジノの勝利金を50万円以下に抑えれば、税金は発生しないため、納税の義務もありません。

1年間の勝利金が50万円を超える可能性がある方は、自身の勝利金の合計を把握するようにしましょう。

勝利金が50万に届かないときはゲームを楽しみ、超えそうなときはプレイするゲームを選択したり、プレイ自体を控えたり工夫する必要があります。

勝利金が50万円を超える可能性のある方は、自身の勝利金の額を把握し、超えないように工夫すれば税金を支払う必要はなくなります

出金額を50万円以下にする

オンラインカジノの税金を抑えるためには、出金額を50万円以下にする方法も有効です。

オンラインカジノに勝利金が50万円以上ある場合でも、出金の際に自身の口座への振り込む金額を50万円以下にすれば、記録が残りません

50万円以上の所得が発生した記録がないため、税務署が勝利金を把握できず、課税対象とみなされずに済みます。

オンラインカジノでの勝利金が50万円を超えたけれど、税金を抑えたい場合は、出金額を50万円以下にしてアカウント上で保存しましょう。

税金がかからないタイミングで、再度50万円以下で出金すれば、課税対象にはなりません。

オンラインカジノでの税金をどうしても抑えたい方は、出金額を50万円以下にする方法がおすすめです。

オンラインカジノの税金に関するよくある質問 

オンラインカジノの税金に関してよくある質問をまとめました。

不安に感じる点や疑問を抱く点などがあれば、ぜひ参考にしてください

オンラインカジノでの利益は必ず会社にバレる?

オンラインカジノでの利益は会社にバレないようにできます。

確定申告の際、住民税の徴収方法を普通徴収にすれば、オンラインカジノでの利益は会社にバレません。

会社員の場合は、給与から住民税が徴収されますが、住民税は課税所得に応じて決まります。

給与が急に増えていないにもかかわらず、住民税の額が増えていると、会社以外で収入を得ていると把握されます。

副業を禁止している会社であれば、理由を聞いてくるケースも考えられ、オンラインカジノでの利益がバレる可能性があるため要注意です。

確定申告の際に提出する確定申告書の「給与、公的年金に係る所得以外の所得にかかる住民税の徴収方法の選択」で、「自分で納付」を選択しましょう。

住民税を自身で納付すれば、会社が住民税の額を把握できなくなり、オンラインカジノでの利益がバレなくなります。

オンラインカジノでの利益は住民税の金額で会社にバレる可能性があるため、自身で納付するようにしましょう

オンラインカジノで稼いだ分の税金を払わなかったら?

オンラインカジノで稼いだ分の税金を支払わなければ、罰則として主に次のような税金がかかります。

  • 延滞税
  • 無申告加算税
  • 重加算税

また、所得税を分割で支払う場合、期日を過ぎると利子税が発生します。

オンラインカジノで稼いだ分の税金を含め、悪質な脱税と判断された場合は、刑事罰になるおそれもあります

オンラインカジノでの利益は、銀行口座への勝利金の振り込みで税務署が把握しやすく、税金を支払わないのはおすすめできません。

オンラインカジノで稼いだ利益が、確定申告をするべき金額を超えたら申告し、税金を納付しましょう。

一時所得に分類されるものは?

一時所得に分類されるものは、次のとおりです。

  • 競馬や競艇などの払戻金
  • 懸賞や福引などの賞金
  • 法人から贈与された金品
  • 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
  • 埋蔵物発見者や遺失物拾得者がもらう報労金

一時所得は、名前のとおり一時的に得た収入を指します。

オンラインカジノの勝利金は、福引や懸賞などの賞金に分類され、一時所得です

会社員であれば一時所得が90万円以下の場合は、確定申告が不要なため、申告したくない方は注意しましょう。

一時所得にも金額に応じて税金が発生し、支払う税金がある方は期限内に納付する必要があります。

まとめ

オンラインカジノでかかる税金の計算方法や確定申告が不要なケース、オンラインカジノでの税金を抑える方法などを解説しました。

オンラインカジノの勝利金は、課税対象の一時所得に該当するため、金額により確定申告が必要になり、税金を支払う必要があります。

税金を支払わない場合は、罰則として主に次の税金が追加で発生します。

  • 延滞税
  • 無申告加算税
  • 重加算税

オンラインカジノの勝利金は、銀行に振り込まれるため、口座の履歴から税務署に把握されやすく、税金逃れはできないと考えましょう

会社員は、オンラインカジノの年間利益が90万円以上あれば確定申告が必要です。

確定申告する場合、1月1日から12月31日までオンラインカジノで得た勝利金を、翌年2月16日から3月15日までに申告します。

オンラインカジノの勝利金が多い方は、本記事で解説した確定申告する際の手順や、税金を抑える方法を参考にカジノゲームを楽しみましょう。

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次