海外FXレバレッジにおすすめな業者を徹底比較!メリットや規制・制限の注意点も紹介

海外FXは非常に大きなレバレッジを利用して、ハイリターンが狙える点が魅力です。

効率のよい取引のために、海外FXへの挑戦を検討している方も多いでしょう。

一方で、ハイレバレッジで取引できる業者や、どの業者なら安心に取引できるのかわからず、海外FXに一歩踏み出せないと思う方も多いようです。

本記事では、海外FXでレバレッジ取引をする際におすすめの業者を紹介します。

ハイレバレッジ取引のメリットや規制に関する注意点についてもあわせて解説するので、海外FXをはじめる前にチェックしてみてください。

目次

レバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、少額資金を元手に大きな金額の取引ができる方法です。

FXは差金決済を採用しているため、口座に預けた証拠金を担保にして、何倍もの金額を取引できます。

たとえば証拠金が10万円の場合は、通常10万円分の取引のみ可能です。

しかしレバレッジが100倍が適用されると、1,000万円分の取引ができます。

レバレッジの倍率が上がるほどリターンを狙いやすくなるため、効率的に利益を得たい方におすすめの取引方法です。

海外FX業者と国内FX業者の違い

海外FX業者と国内FX口座では、レバレッジでかけられる倍数が異なります。国内FX業者の最大レバレッジは25倍です。

対して海外FX口座は数百倍から数千倍、なかには無制限でレバレッジをかけられる口座が存在します

国内FX業者のレバレッジは、日本の金融庁の規制によって規制がかけられています。

海外FX業者には規制が及ばないため、高いレバレッジをかけられる仕組みです。

海外FXは資金が少額でも大きな金額の取引が可能であるため、ハイリスク、ハイリターンの傾向があるといえるでしょう。

レバレッジの計算について

海外FXレバレッジは、次の計算方法で割り出せます。

レバレッジ=(現在の為替レート×取引数量)÷証拠金

たとえば1ドル130円、1ロット10万ドルでエントリーし、証拠金10万円の場合のレバレッジは次のとおりです。

130円✕10万円÷10万円=レバレッジ130倍

レバレッジの倍率は直接設定するのではなく、ロット数(取引数量)で決まります。

海外FXレバレッジにおすすめな業者10選

海外FXでレバレッジ取引をおこなう際に、ハイレバレッジで取引可能なおすすめ業者10選を紹介します。

  • Exness:最大レバレッジ無制限(実質21億倍)
  • Gemforex:最大レバレッジ5,000倍
  • BigBoss:最大レバレッジ1,111倍
  • XMTrading:最大レバレッジ1,000倍
  • LAND-FX:最大レバレッジ無制限(実質21億倍)
  • FXGT:最大レバレッジ1,000倍
  • HFM:最大レバレッジ1,000倍
  • IS6FX:最大レバレッジ6,000倍
  • FBS:最大レバレッジ3,000倍
  • instaforex:最大レバレッジ1,000倍

それぞれの特徴を解説するので、レバレッジ取引をはじめる前にチェックしてみてください。

Exness

Exnessの特徴
  • 最大レバレッジは無制限
  • すべての口座タイプで無制限レバレッジが可能
  • ロスカット水準一律0%
  • 5つの口座から選択可能
  • 1ドルから取引可能
  • 取引通貨ペアは100種類以上

Exnessは、海外FX業者のなかでもとくにレバレッジが高い業者です。

最大レバレッジは無制限であり、実質21億倍までレバレッジを効かせられます

スタンダード口座を選べば、1ドル(約130円)から取引可能である点もポイントです。

ロスカット水準が0%で資金が尽きるまで取引ができるため、少額資金ではじめても0円に達するまで取引の継続が可能です。

少額取引でも無制限のレバレッジを効かせれば、数万ドル以上の利益が期待できます。

ただし、無制限のレバレッジ取引ができるのは、過去に合計5ロット以上、10回以上の取引をおこなっている方のみです。

さらに証拠金が999ドル(約10万円)以上の取引は、レバレッジ2,000倍までと制限がかかります。

高レバレッジを効かせたい方は、まずは条件を満たせるよう取引を積み重ねましょう。

なお、Exnessはマイナー通貨ペアの取引も可能です。マイナー通貨は値動きが激しいため、一攫千金を狙いたい方に向いています。

損失も生じやすいため、リスクも理解したうえでトレードするようにしましょう。

Gemforex

Gemforexの特徴
  • 最大レバレッジは5,000倍
  • ロスカット水準は20%
  • 5つの口座から選択可能
  • 証拠金2万円プレゼント

Gemforexは、はじめに5種類の口座から選択可能です。

ハイレバレッジで取引したい方向けには、最大5,000倍のレバレッジを効かせられる口座を選べます。

証拠金999ドル(約10万円)以上でもレバレッジ制限がかからないため、まとまった資金でハイレバレッジ取引をしたい方におすすめです。

5,000倍口座以外の口座は、一律最大1,000倍までレバレッジ取引が可能です。初心者向けや中級者向けのオールインワン口座、ロースプレッド口座もあります。

2023年内にレバレッジ無制限口座も解禁予定のため、リリース情報を待ちましょう。

BigBoss

BigBossの特徴
  • 最大レバレッジは1,111倍
  • ロスカット水準20%
  • ボーナスキャンペーンを不定期開催
  • 約定力の高さに定評あり
  • 日本人スタッフがサポート対応

BigBossは、最大レバレッジ1,111倍で取引可能です。

高レバレッジのほかに、約定力の高さにも定評があります。世界中の金融機関が利用するEquinix社のトレーディングサーバーを採用しており、高速通信をおこなえます。

意図した価格でレートが成立しやすいため、リスクを抑えやすい点がメリットです。

スキャルピングやデイトレードのように、短時間で利益を積み重ねたい方に最適といえます。

入金ボーナスキャンペーンを不定期で実施しているため、もらったボーナスを元手に大きなロットの取引にも挑戦できます。

XMTrading

XMTradingの特徴
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • ロスカット水準20%
  • 常時3種類のボーナスを用意
  • 最低入金額は500円
  • 日本人スタッフがサポート対応
  • 日本人利用者数がもっとも多い
  • トレード資金1万5,000円分プレゼント

XMTradingは、口座開設時に全17段階からレバレッジを選択して取引できます。

最低入金額は500円のため、気軽に取引を開始できる点が魅力です。

3種類のボーナスを常時用意しているのも、XMTradingを利用するメリットといえます。

新規口座開設ボーナスや入金ボーナス、トレード量に応じてXMポイントが付与されるロイヤルティプログラムを利用して、高い利益を狙いましょう。

取引のはじめやすさと、日本人スタッフによるサポート対応がある点から、日本人利用者がもっとも多い海外FX業者です。

海外FXに慣れていない方でも、安心して取引できます。

LAND-FX

LAND-FXの特徴
  • 最大レバレッジは無制限
  • ロスカット水準0〜30%
  • 5つの口座から選択可能
  • 最低入金額は1,000円
  • スプレッドが狭く取引コストの節約可能

LAND-FXは、運用スタイルに応じて5つの口座から選択できます。

スタンダード口座、プライム口座、イスラム口座は、証拠金1,000ドル(約10万円)未満ならレバレッジ無制限(実質21億倍)で取引可能です。

まとまった資金でトレードしたい場合は、レバレッジ2,000倍までとなります。

ロスカット水準は0%であり、多くの含み損に耐えられ相場反転を狙えるのもメリットです。

LAND-FXの魅力は、スプレッドの狭さにもあります。ドル円やユーロドルは平均0.8〜1.1pipsで取引できるため、コストを抑えたい方にもおすすめです。

FXGT

FXGTの特徴
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • ロスカット水準20〜40%
  • 仮想通貨FXでも最大レバレッジ1,000倍
  • 5つの口座から選択可能
  • キャンペーンボーナスが豊富

FXGTはFX取引と仮想通貨取引のどちらも最大1,000倍のレバレッジを効かせられます。

仮想通貨の運用にも力を入れたい方にも注目されています。FXGTを利用する最大のメリットは、豊富なボーナスを適用できる点です。

新規口座開設で1万5,000円分、初回入金ボーナスで入金額の100%、通常入金ボーナスで入金額の20%など、魅力的なボーナスが用意されています。

ボーナスを利用して大きなロット数を取引したい方は、FXGTをチェックしてみましょう。

HFM

HFMの特徴
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • ロスカット水準10%
  • 5つの口座から選択可能
  • キャンペーンボーナスが豊富
  • 月間の取引量によって利息あり
  • コピートレードが可能

HFMは5つの口座のなかから選択して運用をスタートできます。

マイクロ口座やセント口座は最大レバレッジ1,000倍のため、ハイレバレッジで取引したい方はチェックしましょう。

HFMではさまざまなボーナスを用意しており、とくにリターン・オン・フリーマージン(ROFM)が注目されています。

ROFMは口座にある余剰証拠金に対して、最大3%の金利が得られるボーナスです。上手に運用すれば、FX取引とは別に利益を得られます。

コピートレードに対応しており、自動売買プログラム開発者の戦略を自身の口座に適用できるのもメリットです。

海外FXの知識が浅い方や、取引に割く時間がない方も、自動で運用できて便利に活用できます。

IS6FX

IS6FXの特徴
  • 最大レバレッジは6,000倍
  • ロスカット水準20%
  • 6つの口座から選択可能
  • 独自ボーナスキャンペーンが充実
  • 取引手数料無料
  • 日本語サポートが充実

IS6FXは6種類の口座タイプが選べます。とくにレバレッジが高いのは、1名につき1口座限定の6,000倍口座です。

IS6FXの魅力はボーナスにあり、頻繁にキャンペーンを開催しています。

新規口座開設や入金ボーナスのほか、紹介ボーナスも用意しています。

紹介ボーナスでは、友人1名紹介につき最大5,000円の報酬が付与されており、30名以上招待も可能です。

積極的に招待すれば、FX取引とは別に収益を獲得できます。

さらに、証拠金が0円になったときに元本が復活する異例のキャンペーンや、特定の時期に開催するキャンペーンも豊富です。

ボーナス適用と取引手数料無料をかけあわせて、コストを抑えながら運用したい方は、IS6FXをチェックしてみてください。

FBS

FBSの特徴
  • 最大レバレッジは3,000倍
  • ロスカット水準一律20%
  • 口座開設後100ドルの証拠金付与
  • ボーナスキャンペーンが豪華

FBSは金融ライセンスを取得しており、信頼性のある海外FX業者です。

口座開設後に100ドルの証拠金がもらえるボーナスを開催しています。

入金せずにFX取引を開始できるため、FBSの使用感を確かめられる点がメリットです。

さらに、入金後は入金額に対して100%ボーナスが適用されます。

累計入金額が2万ドルに達するまで何度でもボーナスを受け取れるため、少額から取引をはじめてもよいでしょう。

instaforex

instaforexの特徴
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • ロスカット水準10%
  • 1ドルから取引可能
  • 取引通貨ペアは110種類以上

instaforexは取引通貨ペアが110種類以上と、他業者と比較して圧倒的に多く用意されています。

価格変動が激しいマイナー通貨の取り扱いもあるため、一攫千金を狙いたい方におすすめです。

最大で1,000倍のレバレッジをかけられるため、証拠金1ドルからでもハイリターンを狙いやすいでしょう。

トレード初心者向きの口座もあり、最小取引0.0001ロットから運用できるため、リスクを負わずに練習が可能です。

海外FXレバレッジを利用する際のメリット

海外FXレバレッジを利用する際のメリットは、次の3つです。

  • 低い予算設定で投資が可能
  • 資金効率がよい
  • ゼロカットのため追証や負債の心配がない

それぞれ詳しく解説します。

低い予算設定で投資が可能

海外FXのレバレッジ取引は、低い資金でも投資できる点がメリットです。

海外FXには、500円から1,000円程度の少額から取引できる業者が多数存在します。

一般的に、国内FX業者の取引最小単位は1,000通貨や1万通貨です。日本円に換算すると、約13万円〜130万円が必要となります。

国内FXの最大レバレッジとなる25倍を効かせても4万円程度の自己資金が必要になるため、国内FXより海外FXの方が低い資金でスタート可能です。

少額投資からはじめてみたい方は、ぜひ海外FXをチェックしてみてください。

資金効率がよい

海外FXのレバレッジ取引のメリットは、資金効率がよい点にもあります。

国内FXと比較してハイレバレッジのため、少ない証拠金でも高額取引が可能です。

たとえば、国内FXでは25倍までであり、10万円の投資で取引できるのは250万円までです。

対して、海外FXでレバレッジ1,000倍なら、10万円の投資で1億円の取引もできます。

高額取引によって効率的に資金を増やせるため、運用サイクルを上げやすい点が魅力です。

ゼロカットのため追証・負債の心配がない

海外FXは基本的にゼロカットシステムを採用しているため、残高がマイナスになっても追加証拠金の支払いや負債のリスクがありません。

ゼロカットシステムとは、取引口座の残高がマイナスになった場合でも、追証が発生せず口座残高が0にリセットされる仕組みです。

ゼロカットシステムが機能していると、相場が急変して入金額以上の損失が発生した場合に、自動的にポジションを決済します。

借金となるタイプの追証の支払いを求められないため、安心して取引が可能です。

国内FX業者は、ゼロカットシステムを法律上禁止されています。ゼロカットシステムは、ハイレバレッジの海外FXならではの仕組みです。

海外FXレバレッジを利用する際のデメリット

海外FXレバレッジを利用する際のデメリットは、次の2つです。

  • 利益が大きく損失も大きい
  • 証拠金が少ないとロスカットされる

それぞれ詳しく解説します。

利益が大きい、損失も大きい

ハイレバレッジ取引は、利益が大きいぶん損失も大きくなります。レバレッジは利益のみならず、損失にも効くためです。

たとえば証拠金10万円でレバレッジ1,000倍の取引をしたとします。

保有しているポジションにレートが1%動くと、100万円の利益を得られます。

反対にレートが1%逆行すると、100万円の損失となりゼロカットが機能する仕組みです。

大きな利益を得られる一方で大きな損失が予想されるため、金融庁による警告もされています。

FX初心者にはリスクが高いため、まずは低レバレッジの取引からはじめるとよいでしょう。

証拠金が少ないとロスカットされる

レバレッジ取引でも、証拠金が少ないと強制的にロスカットされるため注意しましょう。

ロスカットとは、損失の拡大を防ぐための仕組みです。含み損が一定の水準に達したときにロスカットが発生し、強制決済がおこなわれます。

レバレッジ倍率が高いほど損失が生じやすくなるため、ロスカットのリスクも高くなります。

意図しないトレード結果で終わり、損失を取り戻せなくなるケースも少なくありません。

ロスカットを回避するためには、追加で証拠金を入金したり、損切りをおこなったりして対策をとりましょう。

初めての方は安全な国内FX業者がおすすめ!

FX初心者のうちは安全な国内FX業者で取引し、経験を積みましょう。おすすめの国内FX業者は次の2つです。

  • 外貨ex byGMO
  • 楽天FX

それぞれの特徴を解説します。

外貨ex byGMO

外貨ex byGMOの特徴
  • 約5,000円から取引可能
  • 最低取引単位1,000通貨
  • 取引手数料、ロスカット手数料、口座維持手数料など無料
  • 業界最狭水準スプレッド:相場0.2〜0.9銭
  • レバレッジを3段階から選択可能

外貨ex byGMOは、GMOインターネットグループが運営しているFX業者です。

最低取引単位は1,000通貨であり、約5,000円から取引できるため、初心者でも低リスクではじめられます。

投資側でレバレッジ設定が可能な点も魅力です。レバレッジ1倍、10倍、25倍から選択できて効率よく取引しやすくなります。

デモ口座の提供もあります。試しに利用して使用感を確認してから、取引をスタートするとよいでしょう。

楽天FX

楽天FXの特徴
  • 約5,000円から取引可能
  • 最低取引単位1,000通貨
  • 取引手数料、ロスカット手数料、出金手数料など無料
  • 業界最狭水準スプレッド:相場0.2〜0.9銭
  • 楽天ポイントが貯まる
  • レバレッジを5段階から選択可能
  • ロスカット水準5%刻みで設定可能

楽天FXは、楽天銀行が運営しているFX業者です。楽天ポイントが10万通貨ごとに1ポイント貯まるため、楽天経済圏の方はトレードと同時にポイ活もできます。

最低取引単位は1,000通貨、5,000円程度から取引できる点は、外貨ex byGMOと共通です。

レバレッジは1倍、2倍、5倍、10倍、25倍から選択でき、ロスカット水準も5%刻みで設定できます。

自身の投資スタイルに合う取引がしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

海外FXレバレッジの規制・制限に関する注意点

海外FXでレバレッジ取引をする際は、次の規制や制限に注意しましょう。

  • 最大レバレッジは証拠金ごとに異なる
  • 経済指標発表の前後の規制
  • 銘柄や通貨ペアのレバレッジの変動

それぞれ詳しく解説します。

最大レバレッジは証拠金ごとに異なる

海外FX業者によっては、証拠金に応じて最大レバレッジが変動する場合があります。証拠金が変動する原因は、投資家をリスクから守るためです。

高い証拠金をハイレバレッジで取引してしまい、多額の損失が生じるのを防いでいます。

たとえばExnnessの最大レバレッジは無制限ですが、証拠金が999ドル(約10万円)以上になると最大レバレッジ2,000倍になります。

大きな資金を取引したいと考えている方は、入金前にレバレッジの制限をチェックしてみてください。

経済指標発表の前後の規制

海外FX業者は、経済指標発表前後にレバレッジの制限をかける傾向にあります。

重要な経済指標の発表時は価格変動が大きくなり、利益と損失も大きいためです。とくに重要度が高い経済指標は、次の4つです。

  • 雇用統計
  • 消費者物価指数(CPI)
  • 国内総生産(GDP)
  • 各国の政策金利

経済指標発表のタイミングを狙って取引する際は、レバレッジ制限に注意しましょう。

銘柄や通貨ペアのレバレッジの変動

海外FX業者によっては、銘柄や通貨ペアごとにレバレッジの制限を設定している場合が多いようです。

レバレッジが高い取引では小さな価格変動でも大きな損失が発生するため、リスク管理のためにレバレッジを制限していると考えられます。

たとえば価格変動が激しい通貨ペアの場合は、レバレッジを小さく設定すると、投資家の損失を抑えやすくなります。

マイナー通貨は価格変動が大きく、比較的レバレッジが低く設定されている場合も多いため、事前に確認しておきましょう。

海外FXレバレッジに関するよくある質問

取引をする前に、疑問点を解消しておきましょう。海外FXのレバレッジ取引に関するよくある質問をピックアップしました。

  • 海外FXはレバレッジ3,000倍以上でトレードができる?
  •  海外FXのロスカットの水準とは?

それぞれの質問に回答します。

海外FXはレバレッジ3,000倍以上でトレードができる?

海外FXはレバレッジ3,000倍以上の取引も可能です。たとえばGemforexは最大5,000倍のレバレッジを効かせられます。

ExnessやLAND-FXはレバレッジ無制限のため、ハイリスク、ハイリターンの取引ができる点が魅力です。

ただし、業者ごとに条件が定められている場合が多いため注意しましょう。

証拠金の残高や、高レバレッジで取引できる口座が決まっているケースも多いです。

事前に注意事項を確認してから、レバレッジ取引をはじめるようにしましょう。

海外FXのロスカットの水準とは?

海外FXのロスカット水準とは、損失限度額を意味します。含み損を含めた口座残がロスカット水準に達すると、自動的にポジションが決済される仕組みです。

一般的に、国内FX業者のロスカット水準は100%で設定されています。対して、海外FXのロスカット水準は50%前後が多いです。

なかにはロスカット水準0%の業者もあり、入金額が完全に無くなるまで取引が可能となります。

海外FXにはゼロカットシステムがあるため、ロスカット水準0%でロスカットされても負債の心配はありません。

まとめ

海外FX業者のレバレッジ取引について解説しました。海外FXでは数百〜数千倍のハイレバレッジで取引が可能です。

効率的にリターンを狙える反面、損失を被る可能性も高いため、リスク管理を徹底しましょう。

ハイレバレッジ取引に挑戦したい方は、本記事で紹介した海外FX10社から自身の投資スタイルに合う業者を選んでみてください。

まずはFXの経験を積みたい方は、外貨ex byGMOや楽天FXで、FXの知識を蓄えつつ感覚を掴んでいくとよいでしょう。

<参照元>
Exness
BigBoss
Gemforex

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次